ランディングページとは?目的やメリットを紹介

ホームページを作成や運営をしているとランディングページというのを聞きませんか?
ランディングページって何?
通常のページとランディングページ何が違うの?
と疑問を持っていませんか?
今回はそのランディングページについて詳しく解説します。

ランディングページとは?

ランディングページとは英語で「Landing page」と書きます。
直訳すると「Landing」は「着地」、「page」は「ページ」という意味になります。
要するに、検索エンジンや広告等から、ユーザーを最初に訪問させるためのページです。

略してLP

ランディングページはよく「LP」と略されます。
実際、現場でもLP(エルピー)と呼ばれています

ランディングページの目的

ランディングページはサイトに訪問したユーザーが「商品購入」や「資料請求」等の行動をしてもらうためのページです。

ランディングページのメリット

コンバージョン率が高い

専門的な話になるのですが、コンバージョン(CV)を得ることが出来ます。
簡単に説明すると、売り上げや、問い合わせ率が上がるという事です。
少しでも興味や関心を持っているユーザーに適した情報が集約されているので、コンバージョン率を高めれることが出来ます。

離脱率が低い

基本ランディングページは縦長の1ページで構成し作ります。
どんどんスクロールするだけで、
「こんな悩みはありませんか?」等の注意喚起
「弊社の商品・サービスで解決します!」等の解決策やメリットを紹介
「今なら特典付き!」等の追加特典や割引等の購入の後押し
のように、ユーザーの心理を利用して、情報を伝えることでどんどん読み進んで行きます。
また、ランディングページ自体1つの商品やサービスを1ページでまとめており、他の情報を見せなくすることで、比較検討の迷いが生じにくいため離脱率が低い傾向にあります。

ランディングページのまとめ

ランディングページは商品・サービスの購入や資料請求等のユーザーの行動を誘導する為のページです。
コンバージョンに直結するので、目的などをしっかりと定め、デザインや文章など構成をしっかりとしましょう。

関連記事

  1. ランディングページの王道な書き方

  2. スマートフォン未対応ホームページのデメリット

  3. 無料のネットショップ作成サイトを利用するメリット・デメリット

  4. ホームページとブログの使い分けについて

  5. 企業のホームページの必要性について

  6. WixやJimdoで会社ホームページを使うメリット・デメリットを紹介!…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。