YouTube字幕機能の重要性について徹底解説

YouTubeに動画を投稿して、色々工夫しているのにも関わらず動画の再生数が伸びなくて悩んでいませんか?

この記事を読んで対策を行えば、そんな悩みを解決出来ます!

GoogleやYouTubeの検索の仕組み

GoogleやYouTubeで検索をした場合の検索結果はテクスト情報を元に順位づけされています。

ですが、動画にはテキスト情報が少ないのです。

動画のテキスト情報は「タイトル」「説明文」「タグ」この3つがテキスト情報になっています。

ですが、あまり知られていないのがまだあります。それは「字幕」です。

字幕機能を重要視する理由

字幕(CC:クローズドキャプション)は、動画内での話す内容(音声情報)を文字で表示するものです。

海外ドラマや映画についている日本語翻訳字幕をイメージしてもらえるとわかるかと思いますが、この字幕をYouTubeでも使用することが出来ます。

この字幕をYouTubeで使用するメリット3つ紹介します。

SEO対策

最近多くの企業の動画にも字幕を追加するされている事が多くなりました。

その理由として一番のメリットとなるSEO対策があるからでしょう。

実はYouTubeの字幕機能は翻訳だったり、ただの字幕だけの役割だけでは無いのです。

文字に起こすと動画の情報として活用でき、検索エンジンはその動画の内容を正確に認識しやすくなり、文字起こしのキーワードでも検索結果にも影響します。

字幕機能はみなさんが思っている以上に検索結果にものすごい影響力を生みます。

アクセシビリティ

字幕本来の目的は、アクセシビリティの向上です。

翻訳字幕があれば、国境を超えて世界中の人に見てもらうことが出来ます。

字幕があれば、耳の不自由な方等にも内容を理解してもらい、動画を楽しんでもらえるようになります。

世界中でバリアフリー化等が進んでいる中、動画でもたくさんの人に楽しんでもらえるよう、字幕機能が必要とされています。

ミュート再生でも動画を楽しむ

スマートフォンが浸透しモバイルシフトが進んでいるここ数年、スマートフォンでの動画視聴の環境を良くするために字幕を追加するクリエイターも多いです。

スマートフォンでは外出時常にマナーモードに設定されている事が多いです。

そのため外出時での動画の視聴はイヤホン等を使用して観るしか無いと思います。

ですが、うっかりイヤホンを忘れた、充電が切れた等、だが、動画はみたい!というユーザーは多く、音声なし(ミュート)状態でも動画の内容が伝わる様に字幕機能を有効活用するべきです。

少し話はそれますが、SNS動画のマーケティングでは、音声なし状態を前提として企画・制作がされています。

まとめ

今回は字幕機能の重要性を紹介しました。

SEO対策として見落とされやすい字幕ですが、SEO対策として重要な機能だったのです。

そして、SEO対策以外にも重要な効果をもたらす機能だったのです。

まだ動画の再生数が全然伸びない(増えない)と悩んでいる方は是非字幕機能を活用して、自身・自社の動画をYoutubeでアピールしていきましょう!

関連記事

  1. TrueViewとは?YouTubeの動画広告について徹底解説

  2. YouTubeの透かし設定方法

  3. YouTubeチャンネル登録者数を増やす方法8選を徹底解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。