強制?任意?建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステムは2019年4月から本運用が開始され、建設業界の労働環境を改善するために施策された制度です。
建設キャリアアップシステムの詳しい解説は下記を参考!

建設キャリアアップシステムの登録は義務ではありません

現時点では義務ではありません。(※一部ケースに対しては登録が義務化されております。)
事業者の任意で登録を受け付けています。
ですが、国としては建設キャリアアップの普及率を100%を目指していますので、いずれは義務化される可能性はあります。

外国人を受け入れる場合は登録が義務!

例外として、建設キャリアアップシステムの登録が義務化されているケースがあります。
それは外国人労働者を受け入れる場合です。

外国人建設就労者」・「特定技能外国人」・「技能実習生」は、事業者及び技能者は建設キャリアアップシステムに登録する義務があります。

つまり、建設キャリアアップシステムに登録をしていない事業者は特定技能外国人や技能実習生の受け入れが出来ない(受入計画の認定がおりない)です。
要するに外国人技能者を受け入れる=建設キャリアアップシステムの登録が必要(義務)ということです。

技能者と事業者の両方を登録が義務

外国人を受け入れる場合、前述で示したように、事業者登録が必須です。
ですが、外国人本人の技能者登録も義務化されております。

建設キャリアアップシステムの登録義務化についてのまとめ

まだ建設キャリアアップシステムを登録しておらず、今後、外国人を受け入れたいと思っている事業者の方は、ぜひこの機会に建設キャリアアップシステムに登録してみてはいかがでしょうか?

建設キャリアアップシステムの登録をお考えの方へ

本サイトを運営するStarCreativeは『建設キャリアップシステム代行申請』を行っております。
詳しくは下記ページをご確認ください。

建設キャリアアップシステムの代行申請

関連記事

  1. 建設キャリアアップシステム(CCUS)とは?

  2. 建設キャリアアップシステム技能者登録について

  3. 建設キャリアアップシステム代行申請紹介ページ公開!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。